ビジョン

災害への備え厳しい財政の中でも

命に直結するインフラ整備、維持管理、予算確保に工夫を凝らし実現可能な制度設計に努めます。

  • 現状復旧にとどまらない根本的な改良工事
  • 避難場所や避難経路の見直し、避難所生活への備えの充実
  • 土砂法や災害救助法など、災害予防や災害発生時のルールの周知と運用訓練
  • 個人の生活再建支援、企業の復興支援メニューの見直しと拡充

医療・介護公平で持続可能な制度構築

今後も目まぐるしく制度変更が続きます。社労士としての経験と知識も活かし、質の高い医療介護体制を築くため提言し続けます。

  • 包括ケア体制の充実
  • 認知症指定医・指定機関の充実
  • 条例化も見据えた障害者関連施策の推進
  • 介護現場での外国人実習生のレベル維持

スポーツ振興スポーツと街づくりの連携

2020年東京オリンピックに向けた機運の高まりを一過性のものにせず、アーバンスポーツなどの新たな協議も含めた世界大会の誘致に挑戦し、スポーツを書くとした街づくりを推し進めます。

女性の活躍一過性にならない働き方改革

社労士として日々企業の方々へ接してきた経験を活かし、明確な目標設定と、一過性にしない実効性の高い働き方改革を推し進め、女性活躍の場の更なる創出や、少子化対策につなげていきます。

入札制度改革県民の利益になる制度構築

清掃や給食、物品購入など、公共工事以外の公契約においても適正な業務が適正な価格で行われるよう制度改革を主張し結果を出すことが出来ました。「低入札調査制度」「総合評価制度」の一層の充実を図り、県民の利益を高めることのできる制度の創出に引き続き務めます。

農林水産ブランド向上・海外展開

県内の一次産業を更に引き上げ、担い手の確保と一層のブランド化を目指します。

動物愛護命を大切にできる社会

殺処分ゼロを目指し動物愛護活動を行ってきました。引き続き優しい社会を目指します。